NANBA

ごあいさつ

昭和53年1月1日に設立いたしました(有)南波教材も間もなく創立40周年を迎えようとしております。学校教材とともに歩んできたこの40年あまり。時代も大きく変化しました。今後さらに求められる力は「自ら考え、生み出す力」(「想像力」「創造力」)、「自分の知識・経験を活かす実戦力」(「柔軟性」と「応用力」)ではないでしょうか。子どもたちにとって、ものづくりの経験は何物にも代えがたい貴重な実体験です。積み重ねた経験が子どもたちの「未来への道」を照らす光になることを願っています。今後とも南波教材をどうぞよろしくお願いいたします。

 

代表取締役 南波清司

 

 

 

つぶやき2017.7

夏休みのひととき

息子とジェルキャンドル作りをしました!

ジェルキャンドルの箱の中には

・チューブ入りのジェル 150CC

・装飾用白砂

・キャンドル芯 2本

が入っています。

 

プラス100円ショップでグラスと貝殻と小さな置物を購入。かさ増しもできるし、きれいなビー玉でもきれいかも~。

 

 

「お母さん、まずコップに白いの入れたらいいの?」

と私に聞くか聞かないかのうちに入れ始めた息子(笑)

 

「ストップ!!まずはキャンドル用のひもをつけるのが先~」

グラスの底に瞬間接着剤をつけてまずはキャンドル芯をスタンバイ!

 

芯を入れたら、今度は装飾用の白砂と貝殻を入れていきます。

 

今回深めのグラスを選んだため、意外に入れづらかった(涙)ピンセットも使いながらポジションを息子と試行錯誤(笑)

 

ジェルチュープを熱湯入りの大き目マグカップの中で湯せんしてから、ゆっくりグラスに入れていきます。

 

「おれが入れる~」

 

最初はとっても順調。いいぞいいぞ~と思っていると、調子に乗ってチューブ容器をぎゅっと握り、ゲルとともに気泡が・・・。「ゆっくり入れる」「さらさら出なくなってきたら再度湯せんする」はポイントです~(笑)。

 

グリーンのスケッチブック越しに写真を撮ったのでグリーンですみません(笑)

 

入ってしまった気泡も海の泡と思えば~ということでうち的にはOK範囲(笑)

なかなか大作に付き合う時間と気持ちの余裕のない母ですが、一緒に作れて楽しいひと時でした。

 

いつもサッカーで忙しいくて、近所のプールが精いっぱいの我が子。海なんて全然つれていってあげられていません。海への憧れがこもったかわいい作品ができたかな(笑)

 

                以上、担当者のつぶやきでした。

 

 


つぶやき2017.6

 

梅雨時期にもかかわらず、あまり雨量が多くないように感じますね。このまま暑い夏へ突入してしまうのでしょうか・・・。

さて、以前、夏の工作の心の準備!とお話しましたが、雨降りで外出できないときにも作品制作はおすすめです。

時には親子で、お孫さんとなど、一緒に作る時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

つぶやき2017.4

 

 あたたかな日差しに春の訪れを感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。いよいよ新入学・進級ですね。入園・入学等、新年度スタートにあたり、さまざま準備に追われている方も多いのではないでしょうか。

 さて、このたびは自由工作のご提案です!新年度がスタートするタイミングでご提案するのは少し早く感じられるかもしれませんが、4・5・6月・・・と新しい環境にやっと落ち着いてきたと思っているうちにあっという間に夏休みが来ます(笑)

毎年我が家でも、自由研究の課題を何にするか悩みに悩み、「来年こそは夏休み前にやることを決めよう!」と思うのに結局毎年実現にはいたらず・・・です(笑)。

 このサイトでは電気工作キット木彫教材、焼かずに焼き物風の作品ができる粘土体験理科的なグッズもご紹介しております。我が家も今年こそは切羽詰まって決めるのではなく、子どもとじっくり選びたいと思います(笑)

 

夏の工作のご注文もぜひ弊社にご用命ください!             以上、担当者のつぶやきでした。

 

 

 

つぶやき2017.3 

 

 自社ホームページの更新、そしてこのjimdoサイトを開設しましてまもなく2カ月になります。近県だけでなく遠くは北海道のお客様からご注文を頂くこともあり、多くのお客様にホームページをご覧いただけて本当にうれしいです。これからもこのサイトを通じて様々な商品をご紹介しながらお客様とつながっていければ・・・と思っております。

 さて、私は小学生のころ、図工がとっても大好きな子供でした。正確に言えば小学校の時の図工のおじいちゃん先生が大好きだったんですが(笑)。(その先生は髪型がベートーベンみたいで、ちょっと風変わりな先生でした。)

 私は残念ながらお世辞にもセンスがあるとは言えない児童でしたが、ある時焼き物を作る授業で、私は花瓶を作ることにしました。(小学5年生くらいの時だったでしょうか。)大きい筒状の土台に飾りとして葡萄とつるを巻きつけていこうと作っていると、どう頑張っても自分の分として渡された粘土だけでは全然足りない!!でも図工の先生は「しょうがないな~」と笑いながら特別に粘土を分けてくれて、無事作品を完成することができました。自分の好きなように作れたことが嬉しかったのを覚えています。そして、出来上がった作品をずら~と学校で展示した時、自分の花瓶が明らかに周りとサイズ感が違い、重量感と貫録のある作品として目立っていたことをちょっぴり恥ずかしく、でも誇らしく感じました。なんでもポイポイ捨てる母も、この場所をとる花瓶はずっと飾ってくれていました(笑)。←(なんと!花瓶を作ってから30年以上経つ今でも、大切にとっておいてくれているそうです。お母さん、ありがとう!) 実は私は色々すぐ忘れてしまうタイプの人間なのですが、この花瓶を作った時の記憶、その時の思いは今でも忘れられない大切な思い出です。

 焼き物・彫刻・プッシュステンド・電気工作・木材工作・家庭科制作など、学校の授業で様々なものを制作・体験しますが、その時々で色々な思い出があると思います。時には面白エピソード、残念エピソードも。でも成功も失敗もその経験の一つ一つが大切な財産だと思います。

 

 お客様にサイトをご覧いただきながら、「昔こんなのやったな~(笑)」「久しぶりにやってみたいな」と思っていただけるような情報をお伝えできたらうれしいです。

 自分で作ったものに囲まれて暮らす生活。作品づくりに没頭する時間が心のリフレッシュタイム!

皆様お忙しい毎日をお過ごしだと思いますが、心が元気になるためにはリフレッシュが大切です。ものづくりを通じで楽しい時間を過ごし、『笑う門には福来る』のように、笑顔とともに皆様により多く幸せが訪れますことを心より願っております。

 

以上、担当者のつぶやきでした。

 

 

 

 

葛飾区立小学校連合展覧会

 

 

平成29年1月14日(土)~19日(木)、テクノプラザかつしかにて葛飾区立小学校連合展覧会が行われました。今年も各校から選ばれた児童たちの作品が展示されました。展示されてる図画工作、家庭科、書道作品はどれもすばらしく、見ていてワクワクしました。文字・作品から力強さや創意工夫をとても感じました。子供たちの想像力・創造力が、自ら描き、作り出すことでしっかりと育まれていることをうれしく思います!